男性ホルモンがあるから男になれる

生まれたばかりの赤ちゃんや子供に性別に関する自覚は、ほとんどありません。大事な部分が付いているか否か?その程度しか差が無いワケですが、10歳を過ぎる頃になる男性の場合 身体にも大きな変化が出始めます。声変わりで声が低くなり・髭が生え始め・筋肉のつき方も女性に比べれば雲泥の差です。

この様な変化は脳から分泌される《男性ホルモン》が大きく関わっています。男性ホルモンの中にはテストステロン・ジヒドロテストステロン・デヒドロエピアンドロステロン・アンドロステロンなど様々な種類がありますが、1番重要なのはテストステロンになります。

男性ホルモンはコレステロールで形成されているので、ベジタリアンのような菜食主義者が、体の線が細くひょろっとして見えるのは、男性ホルモンの原材料であるコレステロールをうまく身体の中に取り入れられていないからだと考えられます。また、男性ホルモンは加齢と共に減少すると言われていています。

男性の頭髪が薄くなるのもテストステロンが毛母細胞の成長を阻害するのが原因と言われており、頭髪が薄い人=テストステロンがたくさん分泌=男らしい と繋がる事からハゲがセックスシンボルとも言われているのには頷けます。

この様に、おおかれ すくなかれ男性ホルモンが分泌されているから男になれるし・男らしく生きていく事ができるのです。

男性ホルモンが減少すると太る?

男性ホルモンが充分に分泌されている時期は、筋肉や骨もしっかり作られていくので内臓脂肪が少ない男らしい引き締まった体型になるんです。 典型的な例を上げると燃えよドラゴンで有名なアクション俳優 ブルースリーで、彼はまったく贅肉が無く、筋肉が浮き出て見えるほど徹底的に鍛えられたたくましい体をしています。

あれほどではなくても、ほとんどの男性は20台まではこういう体型を維持していますが、テストステロン値が年齢と共にだんだん下がってくると内臓脂肪が増えてくる事が分かっています。

この事についても研究結果が発表されています。 男性ホルモン値が低い人に男性ホルモンを補充する事により、内臓脂肪が減って筋肉が増えると言う事が実証されています。男性ホルモンを投与すると、筋肉が増え、体脂肪が減っていくのです。 なので男性ホルモンが減ると内臓脂肪が増えると言う訳なんです。060444

指の長さとホルモンの関係

MyLeftHand指の長さとホルモンは関係があるのです!!「人差し指よりも薬指の方が長い子供は数学、人差し指が長い子供は言語能力テストで、それぞれ高得点を上げる傾向が強い」という研究結果が報告されています。

指の長さは胎児期に浴びたテストステロンと女性ホルモンと呼ばれているエストロゲンの量によって決まると考えられています。テストステロンを大量に浴びた場合は薬指が人差し指よりも長く、エストロゲンが多ければ、人差し指のほうが長くなります。

また、胎児の脳の発達もテストステロンの量が多ければ数学的思考を扱う部分、エストロゲンが多ければ言語を扱う部分の発達が促進されると言います。つまり、指の長さか得意分野のどちらかを見れば、胎児期に浴びたホルモンのバランスが推測できるというワケです。

女性の指の長さはホルモンに関係あるの?

また薬指の長さはスポーツ能力と関係性があります。「女性の薬指の長さは、その人のスポーツにおける潜在能力を示している可能性がある」と研究発表されています。調査はイギリス生まれの女性の双子 合計607組を対象として、それぞれの指の長さを測定し、これまでのスポーツにおける業績と指の長さの関係を比較しています。

これによると人差し指よりも薬指の方が長い女性は、特にテニスやサッカーなど「走る競技」に向いている事が分かったそうです。女性の場合は一般的に、薬指の方が人差し指よりも短い、若しくは同じくらいの長さとされていますが、男性の場合は薬指の方が長い場合が多いとされています。

薬指と人差し指の長さを比べる事によって、その女性が潜在的にもっているスポーツの才能をいち早く見出す事ができるかもしれません。また男性の場合、薬指と人差し指の長さは、その男性の性的能力、音楽的才能、アグレッシブさを示しているという研究結果もあります。

地図が読めるのも○○のおかげ?

data_img_01どこかに、お出かけする時 必要になる能力!それは地図を読む力ですよね。 地図に書かれている情報を実際に空間に展開するのには、高度な空間認知力が関係してきます。 空間認知力は男性と女性で違いがあります。例えば小学4年生・六年生・中学二年生を調べた子供の空間認知能力の研究によると、男性は女性よりも空間認知力に優れている事が判明してます。

また、アドんでいる一歳児を観察した結果、男の子は平均して女の子よりも母親から遠くまで離れて遊んでいます。では実際に男性ホルモンは空間認知力に関係があるのでしょうか?というのが問題ですよね

ある研究結果に、男性ホルモンが働くには作用する臓器の細胞に、とくべつな受容体と呼ばれるタンパク質が必要です。この男性ホルモン受容体に異常があり、形が変ってしまったために男性ホルモンが受容体と融合できない場合があります。この結果、染色体は男性であっても男性ホルモンが働かない為に身体の外見は女性になってしまいます。

専門的には精巣性女性化症候群といいますが、この疾患に患ったマウスを使い空間認知力を調べてみるとやはり 普通のオスよりも迷路を通過する時間が長くかかり空間認知力が悪くなっていました。女性で方向音痴の方は結構いますが、男性で方向音痴はしゃれにならないですね!狩猟にしろ、航海にしろ、冒険だって自分の居場所を認識できる力は男にとって非常に大切な能力です。

一方、女性は家庭を守り、未知なる世界を切り開くよりも自分の世界を構築していく。その為には高いコミュニケーション能力が必要になります。 「地図を読めない女・話を聞かない男」という本がありましたが、「地図を読むのは男、話を聞くのは女」が本来の役割のようです。

男性ホルモンと攻撃性

basic06_071004a-l一般的に男性ホルモンが高いと攻撃性が増すと言われています。 例えば刑務所で凶暴な囚人は男性ホルモン値が高いというような研究結果は昔からされています。

男性ホルモンが攻撃性を高める事によって犯罪を助長するというような考えもありますが、最近の研究ではこの男性ホルモンと攻撃性の関係は直接的ではない事が判明しています。

また攻撃性は言い換えると「強壮」とも関連しますが、今日相互に男性ホルモン値が高まるのは、その競争で優位に立った結果だったとも考えられます。100mと競争で1位になった子は、すぐに男性ホルモン値が上がり、ビリの子は下がってしまいます。 そう考えると男性ホルモンは環境への適応力、競争と関係していると言えるでしょう。

上司に喰ってかかる事が多い若者は、テストステロンが高すぎるのかもしれません、早くに結婚をして子供をもうけるか手っ取り早い所ではセロトニンを高めるスイーツをすすめるのもいいかもしれません。

好奇心を駆り立てるテストステロンに対して、落ち着きを促すセロトニンというホルモンがあります。このセロトニンは、座禅やヨガ、機構などで腹式呼吸を行い、まためいそうすることで増えてきます 日常の喧騒や試練、冒険からしばし離れて何か満ち足りた気分になってきます。

このように人間の脳では多くのホルモンが分泌され、感情や行動に作用を及ぼしています、もちろんテストステロン値が高ければよいというモノではなく、たとえば未婚の男性と、既婚で既に子供が居る男性を比較すると、後者の方がテストステロン値が低いのですが、セロトニンが増えている傾向にあります。

また未婚の男性でも赤ちゃんを抱っこすると男性ホルモン値が急に下がります。つまり子育てをする場合には、テストステロン値が高いのは好ましくありません。

 

世間一般にみる指導者と男性ホルモンの関係性

頭が悪いと言ったわけではないのですが、実は男性ホルモンが高い人は言語能力があまり発達していないという研究結果があります。 あまりにインプットされている語が少ない為、文章が短くなる傾向があります。しかし、その短い文の中で人々の心に残る言葉を用いたりして民衆の心を掴むのがとても上手なのです。

男性ホルモンが高いと言われてい多くの人が納得させられるのは、歌手の矢沢永吉さん 彼は「よろしく」というように短い言葉しか言いません。さらに印象深いのは小泉元首相などが典型的な例ですね

「感動した」「聖域なき構造改革」「自民党をぶっ壊す」のようなほぼ10文字以内で表現できるような短い文章で国民の心を掴みます。 反論しようにも長い文章になってしまい言い訳しているような感じになってしまいますので何も言えません。まわりくどくダラダラしゃべらない上に、心に響く言葉を使うので 老若男女問わず理解しやすいのでしょう! 国民的人気の陰には男性ホルモンがあるんです。

j.koizumi

英雄 色を好む

究極のホルモン値を持つ人といえば、「英雄」という事になりますよね。語り継がれる武勇伝や偉業の数々、1人で達成する事はできません。その陰には多くの人に支えられていた事に違いないでしょう。逆を言うとそれだけ仲間を魅了できる人物だった事が伺えます。

「英雄、色を好む」と言われていますが「大きな事を達成する意思と欲望の強い男は、女性への好奇心と欲望が人一倍強い」という事でしょうか? もちろん大きな仕事は一人ではできませんので、まず仲間になってくれる人物を自分に惹きつける事が必要になります。 男性に信頼されずに女性を追いかけても英雄にはなりえません

しかし、こういった研究がなされていました。たとえば、マネーゲームで大金を得た時と美しい女性に出会った時は、同じ脳の快感中枢が刺激されるようです。快感中枢にはドーパミンを分泌する神経が関与していて、喜怒哀楽の感情を司る大脳辺縁系をしはいしてます。またドーパミンとノルアドレナリンが反応すると男性ホルモンの分泌が高まる為、仕事の欲望は性欲と同様といっても間違いないでしょう

何かしら偉業を成し遂げるには男性ホルモンのチカラを借りるのがBESTのようです。

男性ホルモンは人を魅了するフェロモン

人間は1人1人顔や身長が違うように、人それぞれ男性ホルモンの量にも個人差があります。普通、男性ホルモンの量は20歳を境目に減少の一途をたどっていきますが、中には60歳以上の年齢になっても20歳の時よりホルモンの数値が高い人がいます。

男性ホルモンが高い人は、なんとなく魅力があり老若男女問わずに都から好かれる傾向があります。統計でも出ていますが男性ホルモンが高い人は、身なりにも気を使えるし、好奇心も旺盛で対人関係にも興味があるようです。活力に満ち溢れているイメージですね!

例えば、ロックバンドに人達は 重力に逆らったような奇抜な髪形・十字架のネックレスやブレスレット・皮のパンツ・上半身はだかでシャウトしている人達が多いです。当たり前ですが、スーツ着てメガネかけて、七三分けの真面目ーなロック歌手なんていません。

しかし、大抵の人は年齢と共に男性ホルモンは減少していきます!だからでしょうか?若い頃は激しい印象を与えていたロックバンドのメンバーも、歳をとって男性ホルモン値が下がってくると、そのなりを潜め だんだんシンプルに落ち着いた感じになってきます。

他人と違う事をアピールするという行為も、実は男性ホルモンと物凄く関係が深いんです。若い事には必要も無いのにサングラスをつけてみたり、頭にバンダナを巻いてみたりと自分を世間にアピールしているのも男性ホルモンのおかげといっても過言ではありません。男性ホルモンの分泌が高いかどうかは、見た目や装飾品が派手なのかで判断する事ができます。

男性ホルモンは職業の選択にも影響を及ぼしています

実は男性には なんとも不思議な能力が備わっていて、男性同士 相手の男性ホルモンが高いか低いかを嗅ぎわける能力が備わっていると言われています。 その典型が政治家で、男性ホルモンが高い人は好感をもたれやすいと言われています。また芸術家・音楽家・のように自分を世間にアピールする人達も男性ホルモンが高いと言われています。

また、その逆で男性ホルモンが低い人に多いのは、牧師さんや教師・医師などがそれにあたります。これら3つのような職業は倫理に従った職業規範があり、自分を世間にアピールして支持を得ようと言った職業ではありません。牧師さんだったら聖書・教師だったら聖書・お医者さんだったら倫理規定があります。 これらの職業の人達がオリジナリティを追求しだしたら 世の中メチャメチャになってしまいます。

しかも、服装もシンプルです!男性ホルモンが低い人が、こういった規範を求められる職業に就くとも言われています。このように男性ホルモンは、その量によって性格や、ひいては職業選択にも何らかの影響を与えている事になるのです。

こういった男性ホルモンを意図的に高める方法があります。それは精力剤を活用する事です。精力剤に含まれる成分には男性ホルモンを高めると言われている【赤ガウクルア】や【トンカットアリ】といった成分を含む物も多くあり、そういったモノを服用する事でホルモン値を高める事ができます。 精力剤 比較 しているサイトなどがあるので、その精力剤が効果がありそうか比較してみるのもいいと思います。

精力剤は医薬品では無く滋養強壮剤なので飲んで副作用が出る事もありません

035716