男性ホルモンと攻撃性

basic06_071004a-l一般的に男性ホルモンが高いと攻撃性が増すと言われています。 例えば刑務所で凶暴な囚人は男性ホルモン値が高いというような研究結果は昔からされています。

男性ホルモンが攻撃性を高める事によって犯罪を助長するというような考えもありますが、最近の研究ではこの男性ホルモンと攻撃性の関係は直接的ではない事が判明しています。

また攻撃性は言い換えると「強壮」とも関連しますが、今日相互に男性ホルモン値が高まるのは、その競争で優位に立った結果だったとも考えられます。100mと競争で1位になった子は、すぐに男性ホルモン値が上がり、ビリの子は下がってしまいます。 そう考えると男性ホルモンは環境への適応力、競争と関係していると言えるでしょう。

上司に喰ってかかる事が多い若者は、テストステロンが高すぎるのかもしれません、早くに結婚をして子供をもうけるか手っ取り早い所ではセロトニンを高めるスイーツをすすめるのもいいかもしれません。

好奇心を駆り立てるテストステロンに対して、落ち着きを促すセロトニンというホルモンがあります。このセロトニンは、座禅やヨガ、機構などで腹式呼吸を行い、まためいそうすることで増えてきます 日常の喧騒や試練、冒険からしばし離れて何か満ち足りた気分になってきます。

このように人間の脳では多くのホルモンが分泌され、感情や行動に作用を及ぼしています、もちろんテストステロン値が高ければよいというモノではなく、たとえば未婚の男性と、既婚で既に子供が居る男性を比較すると、後者の方がテストステロン値が低いのですが、セロトニンが増えている傾向にあります。

また未婚の男性でも赤ちゃんを抱っこすると男性ホルモン値が急に下がります。つまり子育てをする場合には、テストステロン値が高いのは好ましくありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>