カテゴリー別アーカイブ: フェロモン

男性ホルモンは人を魅了するフェロモン

人間は1人1人顔や身長が違うように、人それぞれ男性ホルモンの量にも個人差があります。普通、男性ホルモンの量は20歳を境目に減少の一途をたどっていきますが、中には60歳以上の年齢になっても20歳の時よりホルモンの数値が高い人がいます。

男性ホルモンが高い人は、なんとなく魅力があり老若男女問わずに都から好かれる傾向があります。統計でも出ていますが男性ホルモンが高い人は、身なりにも気を使えるし、好奇心も旺盛で対人関係にも興味があるようです。活力に満ち溢れているイメージですね!

例えば、ロックバンドに人達は 重力に逆らったような奇抜な髪形・十字架のネックレスやブレスレット・皮のパンツ・上半身はだかでシャウトしている人達が多いです。当たり前ですが、スーツ着てメガネかけて、七三分けの真面目ーなロック歌手なんていません。

しかし、大抵の人は年齢と共に男性ホルモンは減少していきます!だからでしょうか?若い頃は激しい印象を与えていたロックバンドのメンバーも、歳をとって男性ホルモン値が下がってくると、そのなりを潜め だんだんシンプルに落ち着いた感じになってきます。

他人と違う事をアピールするという行為も、実は男性ホルモンと物凄く関係が深いんです。若い事には必要も無いのにサングラスをつけてみたり、頭にバンダナを巻いてみたりと自分を世間にアピールしているのも男性ホルモンのおかげといっても過言ではありません。男性ホルモンの分泌が高いかどうかは、見た目や装飾品が派手なのかで判断する事ができます。

男性ホルモンは職業の選択にも影響を及ぼしています

実は男性には なんとも不思議な能力が備わっていて、男性同士 相手の男性ホルモンが高いか低いかを嗅ぎわける能力が備わっていると言われています。 その典型が政治家で、男性ホルモンが高い人は好感をもたれやすいと言われています。また芸術家・音楽家・のように自分を世間にアピールする人達も男性ホルモンが高いと言われています。

また、その逆で男性ホルモンが低い人に多いのは、牧師さんや教師・医師などがそれにあたります。これら3つのような職業は倫理に従った職業規範があり、自分を世間にアピールして支持を得ようと言った職業ではありません。牧師さんだったら聖書・教師だったら聖書・お医者さんだったら倫理規定があります。 これらの職業の人達がオリジナリティを追求しだしたら 世の中メチャメチャになってしまいます。

しかも、服装もシンプルです!男性ホルモンが低い人が、こういった規範を求められる職業に就くとも言われています。このように男性ホルモンは、その量によって性格や、ひいては職業選択にも何らかの影響を与えている事になるのです。

こういった男性ホルモンを意図的に高める方法があります。それは精力剤を活用する事です。精力剤に含まれる成分には男性ホルモンを高めると言われている【赤ガウクルア】や【トンカットアリ】といった成分を含む物も多くあり、そういったモノを服用する事でホルモン値を高める事ができます。 精力剤 比較 しているサイトなどがあるので、その精力剤が効果がありそうか比較してみるのもいいと思います。

精力剤は医薬品では無く滋養強壮剤なので飲んで副作用が出る事もありません

035716